موقع ملك الإنسانية خادم الحرمين الشريفين الملك عبدالله بن عبدالعزيز باللغة اليابانية




ホーム

平成22年10月27日、サウジアラビア王国のテレビ局であるアルアラビーヤ・チャンネルは、同国のアブドラ国王が、世界各国に派遣されているサウジアラビア人留学生に向けてメッセージを送ったことを発表した。アブドッラ国王からのメッセージには、学生を励まし、学習意欲を高めるお言葉や、外国での暮らしに関するアドバイスも含まれていた。

このように、国家を代表する国王から派遣留学生に直接メッセージが送られるという例は過去になく、今回の電子文書が初めてのものとなる。現在、世界20カ国にサウジアラビア人留学生が派遣されており、彼らにとって今回の国王からのメッセージは、強く心に響くものであった。


2011年2月25日、サウジアラビア大使館文化部が大使館本部にて、アブドラ国王が外国での病気療養からご無事に帰国されたことを祝福し、パーティーを開催した。パーティーでは、在日サウジアラビア文化アタッシェのDr. イサム ブカーリがアブドラ国王のご病気平癒を願いつつ、皆さんを歓迎した。

パーティーには、在日サウジアラビア大使、在日サウジアラビア商務官、アラブイスラーム学院 学院長、在日アラムコ社 社長及び、サウジアラビア人留学生とその家族などが参加し、喜びの時間を過ごすとともに、今後のサウジアラビアの更なる発展、国王の健康を願った。


在日サウジアラビア文化アタッシェのDr. イサム ブカーリは、国外で治療を受けられていた二大聖地の守護者、アブドラ国王が無事にご帰国されたことへの祝意を表し、サウジアラビア政府派遣留学生と共に国王の回復を喜んでいると伝えた。

アブドッラ国王は、科学研究や技術開発により国家を発展させるべく、若者の人材育成や大学・研究施設の拡大を目指すという、戦略的な政策を打ち立て、現在に至るまで王国に大きな進歩をもたらしている。Dr. イサム ブカーリは、今後もサウジアラビア王国が更に発展するよう願っていると述べた。


Contact Us | Help | Privacy Policy | Terms of Use | Site Map

إعداد الملحقية الثقافية السعودية في اليابان